電装屋さんの仕事

 

電装屋さんは自動車の電気屋さんと呼ばれておりますが、自動車のどこを修理するの?と分からない人が多いと思います。

そこで、自動車のどこを修理するのか?を説明致します。

 

うるま電装の連絡先

 

電装屋さんの主な修理箇所

・オルタネーター

・セルモーター

・レギュレーター

・点火装置

・燃料噴射装置

・カーエアコン

・クーラーコンプレッサー

・エンジンコントロールユニット

自動車にはオルタネーター、レギュレーター、セルモーター、点火装置、燃料噴射装置、カーエアコン、クーラーコンプレッサー、エンジンコントロールユニットなどが備え付けられています。

 

オルタネーター

 

・オルタネーターとは

オルタネーターとは、電気を生成する発電機のことをいいます。

また、電気を生成するにあたり、直流と交流がありますが自動車やバイクなどは、直流電気が多いです。

 

セルモーター

 

・セルモーターとは

セルモーターとは、自動車やバイクなどのエンジンを始動させるためのモーターのことです。

 

レギュレーター

 

・レギュレーターとは

レギュレーターとは、一定の出力電圧を生成する所です。

レギュレータにはリニアとスイッチングの2つのタイプがあります。

 

点火装置

 

・点火装置とは

点火装置とは、主にプラグのことをいいます。

プラグは磁石とコイルで出来ています。

 

燃料噴射装置

 

・燃料噴射装置とは

燃料噴射装置とは、エンジン内部で、ガソリンなどの燃料を霧状に噴射するための装置のことです。

燃料噴射装置には2種類あり、「ポート噴射式」と「筒内噴射式」があります。

別名でインジェクションシステムともいいます。

 

カーエアコン

 

・カーエアコンとは

カーエアコンとは、自動車に搭載された空気調節装置の総称のことをいいます。

現在は、オートエアコンと呼ばれるクーラーとヒーターを一体化してる物が主流で、外気温に関係なく常に選択した室内温を保つようになっています。

 

クーラーコンプレッサー

 

・クーラーコンプレッサーとは

クーラーコンプレッサーとは、コンプレッサー(圧縮機)という装置が共通して搭載されています。

コンプレッサーは機器の内部に組み込まれているので外から見ることは出来ません。

 

 

エンジンコンピュータ

 

・エンジンコントロールユニットとは

エンジンコントロールユニットとは、エンジンコンピュータのことでコンピュータと呼ぶ人もいます。

 

このように車の電装には種類が多く、配線関係の仕事だけではありません。

自動車のエンジンやタイヤ交換などの目に見える修理は整備工場ですが、電気関係など目に見えない物は電装屋さんになります。

整備工場が目に見える車を直す外科のお医者さんならば、電装屋さんは、目に見えない車の病気を直す内科のお医者さんなのです。

このページの先頭へ